FC2ブログ

いっしょに歩こう!プロジェクト

日本聖公会 東日本大震災被災者支援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.4.26 仙台から行く!ほっとコーナーin広畑

毎月恒例のしんちほっとコーナーin広畑仮設へ行ってきました!
今回は仙台基督教会と西の平聖パウロミッションと仙台聖フランシス教会より10名のボランティアの方が来てくださいました!

今回のお菓子は「ぽっけの森」のショートケーキ、チョコレートケーキ、チーズケーキ。
お好きなものを選んでいただきました。
とってもボリューミーでおいしかったです!

今月は久しぶりに笹森司祭様のお抹茶もあり、大好評でした。
そのあとはこれも恒例になりつつあります、みんなで歌うコーナー。
いつもはアコーディオンやサックスなどの楽器がありますが、今回はエレクトーンでの拙い伴奏に合わせて4曲を熱唱しました。
みなさんの美声は仮設の外にまで響き渡っていたことでしょう。

仮設のなかだと大きな声も出せず、歌を歌う機会もなく、
洋菓子(ケーキ)も家ではなかなか買わず、こういう機会でないと食べないといいます。

そのため、この会はとてもたのしいとおっしゃって下さいます。
私たちに出来る事はこのような小さなことですが、
それでもより楽しんでいただけるよう毎回工夫して取り組んでいくことが大事なのだと改めて感じました。

次回は5月23日木曜日です。
ボランティアにご興味のある方はぜひお尋ねください。
仙台から送迎車も出ます。
スポンサーサイト

2013/4/25 セントポール幼稚園で誕生礼拝

 郡山のセントポール幼稚園で今学期初めての誕生礼拝が行われました。幼稚園と礼拝堂は大人の足ではすぐの所にありますが、入ったばかりの小さい子どもたちにとって、また先生たちにとっても礼拝堂までのみちのりはちょっとしたチャレンジでした。
 (山本尚生)


IMG_1040.jpg
 礼拝堂の入り口にやっとたどりつきました。

IMG_1045.jpg
 お祈りはお兄ちゃんお姉ちゃんの真似をして。

IMG_1055.jpg
 初めての礼拝堂はちょっとこわい・・・

IMG_1076.jpg
 幼稚園までの道のりは小さい子どもたちにとっては大冒険

2013/4/25 若松聖愛幼稚園でお手伝い

 会津若松の聖愛幼稚園は新しい園舎での保育が始まっていますが、まだ少しだけ引っ越しできてい荷物があるので其れを運んだりして一日幼稚園にいました。木のぬくもりがある新しい園舎に子どもたちも少しずつ慣れてきているようでした。14名の新入園児も仲間入りして賑やかに過ごしています。
 (山本尚生)

 IMG_1001.jpg
 

IMG_0981.jpg
 ホールでは思いっきり遊べます

IMG_1023.jpg
 木のぬくもりがある園舎です

週刊!支援室!! 2013年4月26日号 

週刊!支援室!! 2013年4月26日号です!
クリックすると大きな画像が表示されます。

新・週刊!支援室!! 2013年4月26日号


PDF版はこちらです!
週刊!支援室!! 2013年4月26日号

※「週刊!支援室!!」とは??↓
http://walknskk.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

週刊支援室2013年4月19日号

週刊!支援室!! 2013年4月12日号です!
クリックすると大きな画像が表示されます。

新・週刊!支援室!! 2013年4月19日号


PDF版はこちらです!
https://docs.google.com/file/d/0B9RVdyxf-nV3cWZWaWJQaWVhVWM/edit?usp=sharing

※「週刊!支援室!!」とは??↓
http://walknskk.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

週刊!支援室!! 2013年4月19日号

週刊!支援室!! 2013年4月19日号です!
クリックすると大きな画像が表示されます。

新・週刊!支援室!! 2013年4月19日号

PDF版はこちらです!
週刊!支援室!! 2013年4月19日号

※「週刊!支援室!!」とは??↓
http://walknskk.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

2013.04.13 まどかと『ナイスハートふれあいのスポーツ広場』に参加

まゆだま製品でおなじみの仙台市の通所作業所
「まどか」のみなさんといっしょに
障がい者スポーツ大会に参加しました。

会場は、「元気フィールド仙台」。
あちこちの福祉施設から400名以上が集まり、
100名を超えるボランティアと共に
広い体育館の中で「大玉ころがし」や
「じゃんけんダンス」などの
レクリエーションを楽しみました。

DSC_0683.jpg
↑お昼休みのアトラクション。歌手の歌声に合わせて体が動きます(^o^)

震災後「まどか」の移転などに伴い
自宅からの通所が難しくなり、
他の施設へ通うようになった方との
嬉しい再会もありました。

(松村希)

2013/4/8-12  九州教区、被災地訪問

 今回で三回目となる九州教区からの被災地訪問。4泊5日の日程で陸前高田〜郡山までをまわりました。参加者は少なかったですが、その分各地でさまざまな出会いがありました。九州と東北は距離がありますが、毎回毎回来て出会う事でその距離が近くなっています。
  (山本尚生)

 IMG_0477.jpg
 室根聖ナタナエル教会で開会礼拝 岩手県陸前高田市から沿岸部を南下

IMG_0488.jpg
 各地で祈りを捧げながらまわる

IMG_0497.jpg
 九州からもワカメや昆布注文している十三浜の生産者宅を訪問

IMG_0512.jpg
 まちの工房「まどか」を見学

IMG_0525.jpg
 新地町にある雁小屋仮設にて童謡コンサート。夜は支援センターしんちでもミニコンサートが行われました。

IMG_0548.jpg
 郡山のセントポール幼稚園で清掃奉仕

IMG_0560.jpg
 閉会礼拝は郡山聖ペテロ聖パウロ教会でおこないました

2013年4月14日:2級ホームへルパ講座「石巻市」

石巻市で外国人たちを対象とした2級ホームヘルパー講座を続けており、実技実習が始まりました。4月24日に授業の全部が終了する予定です。この授業は老人ホームや介護施設でいつも使っている物や状態を実際に経験をします。

毎回の授業にはお母さんが連れてきた子どもたちが2人がいます。お母さんが授業で勉強する間に、子どもたちと外で遊んだり、別室で学習したりします。


写真 (29)
授業の様子

写真 (30)
電動ベッドで利用者さんの移動仕方

写真
石巻市にある公園で遊び!!!

今回のグループの中で2人は2級ホームヘルパー資格取得をしてから、それぞれ石巻市と気仙沼市にある施設で働く事が出来るそうです。一人は石巻市にある施設で今まで働き続きましたが、介護資格は持っていないから、利用者さんにケアを出来ませんでした。この方は9年間、彼女が医療器具を掃除したり、使っている物を片付けたりする仕事だけを行って来ました。彼女が2級ホームヘルパー資格を取得出来れば、仕事のやりがいを得ると共に自分自信を高めることができます。


スタッフ  ラマダ・ジェイピー

週刊!支援室!! 2013年4月12日号

週刊!支援室!! 2013年4月12日号です!
クリックすると大きな画像が表示されます。

週刊!支援室!! 2013年4月12日号

PDF版はこちらです!
週刊!支援室!! 2013年4月12日号

※「週刊!支援室!!」とは??↓
http://walknskk.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

2013年4月10日:「Grains of Hope」日本語教室:第1回スーピチコンテスト予選

日本語教室の卒業式でのスーピチコンテストに向かって、2回予選をしています。
生徒全員が作文を自ら原稿用紙に書き、授業の中で予選を行います。「表現」「スーピチ内容」「発音「パフォーマンス」を採点し、卒業式本番で行うスピーチコンテストに出る代表を選びます。10日に行った1回目の予選は8人がスーピチを発表し、審査しました。第2回の予選は4月17日に行います。

写真 (27)

写真 (26)
第1回スピーチ発表の様子

また、約4ヶ月間の日本語授業は漢字を書くことに重点を置き勉強しています。
生徒たちの漢字を書くレベルは毎回向上しています。
漢字特有の「払う」「止める」「はねる」というポイントがだんだん分かり、目覚ましいほど上達するようになりました。漢字の書き方だけではなく、音や訓読みの使い方も理解出来るようになっています。作文」にて書き方を、「スピーチコンテスト」にて読み方やアクセントを発表する機会があります。私たち指導する側も驚くほどの上達で毎回感動させられています。

是非5月18日の日本語教室の卒業式にもお越しいただき、彼女たちの勉強の成果をご覧ください。

スタッフ  ラマダ・ジェイピー

第3回ホームへルパ講座開講(石巻)

前回の気仙沼での講座に続き、今回は石巻市で外国人を対象としたホームヘルパー2級講座を行っています。受講生はフィリピン人が4人、インドネシア人が1人、中国人が1人で全員が女性です。前回の気仙沼での講座と同じように、午前9:00から午後5:30までのプログラムです。ホームヘルパー2級資格を取得するために8回の講座を行います。南三陸町での第1回、気仙沼での第2回、今回の石巻も三幸福祉カレッジが指導くださっています。

石巻市にいる外国人が震災で仕事を失い、就職が難しい状態で生活が困難になりました。ハローワークへ行くと、石巻市内で老人ホームや病院でホームヘルパーの応募がありますが、資格がないとこの仕事ができません。彼女たちは非正社員では十分な保険制度がなく、自分たちや子どもの将来のことを考えるともっともっと安定な仕事をしたいと述べていました。

いっしょに歩こう!プロジェクトは被災地に住む外国人が自立するような支援をしています。彼女たちが安定な仕事に就き、将来に希望を持って生活できるようにこの講座を主催しました。


スタッフ  ラマダ・ジェイピー

週刊!支援室!! 2013年4月5日号

週刊!支援室!! 2013年4月5日号です!
クリックすると大きな画像が表示されます。

週刊!支援室!! 2013年4月5日号

PDF版はこちらです!
週刊!支援室!! 2013年4月5日号

※「週刊!支援室!!」とは??↓
http://walknskk.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

2013/4/4 若松聖愛幼稚園 訪問

 若松聖愛幼稚園は新しい園舎で新学期をむかえていました。新しい園舎での始まりに子どもたちも先生たちも少し緊張した様子でした。
 (山本尚生)

 IMG_0384.jpg
 子どもたち一人ずつに新しい名札がわたされました


IMG_0387.jpg
 室内に木登り棒が取り付けられています。

IMG_0412.jpg
 6日土曜日に行われる入園式の練習をしています。

IMG_0474.jpg
 この調子なら来週ぐらいからは新しい園舎に慣れて、子どもたちの声が響きわたるでしょう。

2013.4.3 仙台市科学館へ遠足

毎週仙台オフィスにて行われている日本語教室。
中にはちいさいお子さんを持つお母さんもいるため、授業には子どもも連れてきて、スタッフが別室にてお預かりしています。

いつもはお散歩に行ったり、室内でお絵かきをしたり戦いごっこをしたり…

しかし、今は春休みなので小学生の子どもたちも訪れます。
そのため今日はおにぎりを持って、地下鉄に乗って、仙台市科学館へ遠足に行ってきました!

雨天だったため予想していたよりもお子さんは少なかったのですが、楽しく出かけてきました。


20130403_104711.jpg

地下鉄、わくわく!

20130403_111723.jpg

手をおいたところに電気が来る~!(びりびりはしないよ)

20130403_131345.jpg

あったかい手で触ったら手形が…!ふしぎ~!

20130403_131712.jpg

なんでなんで?どうしてボールが浮くの?

20130403_111558.jpg

シャボン玉の中に入っちゃった~!

20130403_114242.jpg

あれあれ体の大きさがなんか違うぞ…!

20130403_132611.jpg

大きな模型の前ではいチーズ!

今日は楽しかったね(*^^*)

今度は晴れた日にピクニックに行けたらいいなあと思います。


(スタッフ赤坂)

2013/4/1 新年度スタート

IMG_0221.jpg
 被災地各地で新年度がスタートしています。気仙沼の「ワークショップひまわり」も新しい体制で動き始めています。利用者数名が別の施設に移動したり、聖公会でもおなじみのスタッフ伊藤純子さんも気仙沼市唐桑町にある入所施設に異動になりました。「今まで通りひまわりを応援してね」という思いをうけて、もちろん今までのように関わっていきたいと思います。

 (山本尚生)

2013.4.2 まどか訪問~新地被災地めぐり

まちの工房まどかを尋ねました。
本日も皆さんお仕事がんばっています。

どうやら新製品が・・・
こもれ日ライト!
20130402_111659.jpg


張子で作られた中から色とりどりの光が放たれるてーぶるライトと
かわいいかわいいくまの顔をしたほんわか明るいくまライト。
もちろんおひとつおひとつ利用者さんが丁寧に作り上げています。

そしてこちらはぞうのぬいぐるみその名もぱおーストラップ。
20130402_112041.jpg

なんとこれ、ひとつひとつ丁寧に綿をいれて、縫うのはこの方おひとり!
職人技ですねえ~
20130402_114125.jpg

続々登場するまどかの商品からは目が離せませんね!



その後新地へ。
松本聖十字教会のみなさんと被災地めぐりをしてきました。
20130402_160716.jpg


聖磯山ヨハネ教会は解体され跡形もなくなっていました。
そこでお祈りをすると、見渡す限りが果てしなく草原で、家も車も人影もありません。
黙祷すると聞こえるのは鳥たちの声だけで、そこでもまた、被害の甚大さを痛感しました。
20130402_171430.jpg



しかし、信徒のみなさまは明るく希望に満ちていました。
「ここがスタート」
と言い、これからどんな教会を建てたいか、どんな場所にしていきたいかなど、力強い夢を語ってくださいました。

そして、そのわきでは梅の花も水仙の花もきれいに咲いていました。
春ですね。

(スタッフ赤坂)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。