FC2ブログ

いっしょに歩こう!プロジェクト

日本聖公会 東日本大震災被災者支援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.1.26-27:外国人代表者会

1月26日から27日に東北地方各地域の外国人代表の方が仙台市に集まり2日間、会議を行いました。岩手県大船渡市や陸前高田市、宮城県気仙沼市、石巻市や仙台市、福島県県いわき市におられる今まで関わってきた外国人の代表者やその子供たち、計43名が参加しました。当プロジェクト外国人支援が被災地に住む外国人たちを対象に様々なプログラムを開き、各地域の外国人たちと出会った上で、個人やコミュニティとして抱えている問題や課題を聞き取りました。昨年開催したリフレッシュプログラムやカウンセリングセッションで様々な問題に関して深く話し合い、各地域のグループの代表者が解決のする為に外国人代表者会でいっしょに考えようと課題を出てきました。その目的に基づき、外国人代表者会を開き事になりました。

IMG_5065.jpg
会議にあたり、聖餐式の様子


1日目は会議の前に、聖餐式を行いました. その後、ワークショプにて30人の代表者が五つグールプに分かれて、各地域に住む外国人たちの抱えている問題を話し合いました。代表者たちとその周りの人たちが抱えている問題がワークショプに出し、それぞれの課題をまとめて、各グールプがみんなに発表しました。外国人たち抱えている問題や課題はどのグループも同じ状態で、各グールプからコメントを聞きながら、シエアリングができました。夕食後は、文化交流会としまして、各地域に用意してもらった出し物を子どもも含め全員に披露してもらいました。

IMG_5099.jpg
文化交流会

IMG_5245.jpg
子供たちが別室で遊びました

IMG_5271.jpg
外国人代表者会、全員記念写真


2日目、前日にまとめた課題を見ながら、問題に対して解決提案をシェアリングしました。色々なアイデアを聞きましたが、各地域の代表者が移住民センターを作りたいと言う提案が出てきました。被災地に住む人たちの出来る事や力を結んで、各地域の外国人たちの協力や結束力を強くし、復興へいっしょに頑張ると言う気持ちを感じました。当プロジェクト外国人支援では、国や市町村や色々な団体に政策提言を外国人たちといっしょに提出する事が決まりました。

ー以上ー

スタッフ  ジェイピー・ラマダ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。